実際の英語力とTOEICの点数

社会人になると求められるようになるものの一つが英語力。その指標として最もよく使われるのがTOEICです。

会社での昇進などの基準でよく使われます。TOEIC 700点以上はないとちょっとだめかな、と思います。実際に使える英語力とTOEICの点数とは必ずしも一致しません。TOEICの点数があまりにも低い人はさすがに英語力が全然と思いますが、TOEIC高得点の人が必ずしも英語力があるとは言い切れないのです。

英語は使わないと見に付きませんので、TOEICの点数とは相関があるわけではありません。とはいえ、会社はTOEICの点数を指標としている以上、実際の英語力は別物と割り切って、さっさと、定められた点数をクリアするというのが賢いやり方です。TOEICは所詮技術でしかありませんから、試験対策がとても重要です。TOEICの問題集をやったり、TOEICの模試を実際にやってみて試験に慣れることがとても大事と考えます。

TOEICのために、ちゃんとした英語の勉強を地道に進めることも重要ですが、すぐにTOEICに反映されないことから、TOEICはTOEIC、会話力の英語力は英語力で切り分けて進めるべきです。受験勉強と同じで試験対策はとても重要なのです。TOEICの試験対策をすることは何かインチキをしているようなことを思ったりしますが、そういうわけでもないことをよく知るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です